身体をきれいに痩せさせたいと思った時、痩身エステも候補に挙がりますが、近年のパーソナルトレーニングジムにおいても同じコンセプトで痩身を狙ったメニューを展開しているところがあります。

いずれも適切に利用すればきれいに美しく痩せることは期待できるのですが、それらの違いについて知る人は意外と多くはありません。

そして、痩身エステも筋トレを意識したメニューの展開を行っているところもあります。

そこで今回、痩身エステと筋トレと言うテーマでその効果の違いや痩身エステにおける筋トレを意識したメニュー、そして両方を行って効率よく痩せる方法の提案などを行っていきます。

きっとこれを読めば痩身エステと筋トレの関係をより理解して頂けるのではないでしょうか。

痩身エステと筋トレのダイエット効果の違い

痩身エステと筋トレのダイエット効果の違いは受動的か能動的かの違いです。

痩身エステは施術や機器を使って基礎代謝を高め、痩せやすい身体を目指したり、むくみなどを改善させて美しいシルエットを手に入れることを目的としています。

一方筋トレのダイエットは筋肉そのものを大きくしたり、機能的にすることで筋肉の高い基礎代謝を活性化させて痩せやすい身体を作っていきます。

より直接的な筋トレによるダイエットですが、基礎代謝を上げるためにモモやお尻と言った大きな筋肉を集中的に鍛えてしまうとアンバランスな身体になる恐れもあります。

そういったことを避けるため、最近では筋肉を全身まんべんなくバランスよく鍛えることで基礎代謝を上げようとしているのがパーソナルジムの方針です。

痩身エステはやや間接的な方法になりますが、最初から美しい身体のシルエットを目指しているのです。

両方を直接比較するのはなかなか難しいのですが、こういった目的の違いがダイエット効果の違いになって表れると言えます。

痩身エステの中の筋トレを意識したメニュー

痩身エステは施術や機器で焦るというイメージですが、実は筋トレを意識したメニューを展開してるサロンもあります。

それはEMSという機器を使って身体に電気を流し、筋肉を刺激して痩身を狙うという施術です。

低周波刺激で筋肉を収縮させることで筋力を強化できる装置と言うと分かりやすいのではないでしょうか。

これをモモやお腹、二の腕と言った気になる部分に導子と呼ばれるパッドまたはシール状のシートを貼り付けて、そこに特殊な電気を流すことで筋肉を刺激して筋トレを行っているのに近い効果を狙った施術を行っていきます。

すべてのサロンで行っているわけではありませんが、痩身エステの中でもこのような効果が期待できる装置を利用しているところは少なくありません。

ただ、強度を上げ過ぎると多少痛みを感じることもありますから、もしそういった施術を受ける際はスタッフの方としっかりコミュニケーションをとって受けてみてはいかがでしょうか。

痩身エステを行いながら筋トレもうまく活用する方法

痩身エステや筋トレはそれぞれにメリットがあります。

ここでは両方を利用した効率の良い方法についても提案します。

最初に方法を紹介すると痩身エステを行った後に筋トレをするというものです。

痩身エステを行った後は普段よりも代謝が上がった状態になっています。

その状態で筋トレを行うと発汗作用により施術で押しのけられた老廃物が体外へ排出されていきます。

ただし、きついトレーニングを行うと脱水が起きやすい状態にもなっていますから、軽く汗ばむ程度の筋トレが理想です。

難しい場合はジムなどのルームランナーで軽く歩いたり、ジョギングをするのがおすすめです。

空腹感は強くなりますが、痩身エステで上がった代謝をキープできるというメリットは痩身エステと筋トレの両方の良さを生かしたものと言えます。

その日に行うのが時間的制約があってできない場合はなるべく近いうち、できれば翌日に筋トレを行うとメリットを感じやすいです。

ただ、痩身エステの帰りは少し遠回りして歩いて帰るなど有酸素運動を意識しておくと通常のエステ効果は高まりますから最低でもエステの後は有酸素運動を行うのが理想です。

まとめ

痩身エステも筋トレも美しい身体を手に入れるには重要な要素です。

それぞれにメリットがあり、それらを両方生かすことによってより効率よく美しい身体を作り上げることが可能となります。

もし痩身エステで筋トレにも興味のある方や逆に筋トレをしていて痩身エステに興味のある方は両方行って、より効果的な痩身を狙うというのもおすすめです。